授業料免除


 
以下の3つの要件に該当してしいる者は、授業料の全額又は半額を免除する場合があります。

   (1) 経済的理由によって納付が困難である者
  
   (2) 学業優秀と認められる者
  
   (3) 奨学金の貸与若しくは申込み手続をしている者

 ※新入生の前期授業料免除申請に限り、(3)は対象となりません。 



授業料の納付方法の特例(納付期限の変更・分割納付)

 
  
経済的理由によって、納付期限までに授業料の納付が困難であると認められる学生に対し
納付期限の変更又は分割納付のいずれかの方法により納付できるようにするものです。



上記のどちらも、授業料の納付時期前に学生からの申請を受付け、申請者の家計状況等を
  調査のうえ決定します。(免除できる授業料の総額は全学生の年間授業料総額の7%以内と
  定められているため要件をみたしていても申請者全員が免除を受けられるとは限りません。)