専門科目 情報科学分野

ビジネスアプリケーションソフトから、システム開発、インターネットまで多岐にわたる内容を系統的に学べるよう科目を構成し、演習を多く取り入れて授業を進めています。情報科学分野の科目は経営情報学関連の科目とコンピュータ科学関連の科目があります。各科目は、特に情報科学の基礎部分に重点を置いて学習するとともに、情報技術を経営・会計分野で活用できることを考慮した実践的な内容も盛り込まれています。

履修方法として、将来の進路も踏まえた上で、コンピュータを事務処理やデータ分析の道具としての活用、また、コンピュータの運用や管理を行う利用者(ユーザ)側と、プログラムやシステムを作成する開発者となることを目的として開発者側とする考え方があります。将来の進路を踏まえた上で科目を選択していくことをお勧めします。


利用者側

利用者側は事務処理やデータ分析の道具としてのコンピュータの利用、また、コンピュータの運用および管理について学ぶことを意味します。
・経営系を中心に学びたい
・情報系を中心とし、様々なコンピュータの利用用途について学びたい
・経営情報学系大学への編入学

【事務処理】コンピュータを事務処理等で利用する。
【コンピュータ利用:応用と管理】コンピュータをより応用的に利用し、管理・運営を行う。
【分析と数理】コンピュータを使い情報を分析する。システムを数理的に捉える。

開発者側
開発者側はコンピュータの仕組みをより専門的に学び、プログラムやシステムの作成を目的とした学習を意味します。
・コンピュータのハードウェア、ソフトウェアについて学びたい
・情報系企業へ就職したい
・プログラマ、システムエンジニアを目指したい
・情報系大学への編入学

以下は目的別の履修目安です。
※目安であり、もちろんこの表に必ず沿う必要はありません。幅広い科目の履修を望みます。
 
科目名
単位数
利用者側
開発者側
事務処理
コンピュータ利用
応用と管理
分析と数理

経営基礎科目

 経営情報システム論
2◎
 
 
 ハードウェア概論
2◎
 
 ソフトウェア概論
2◎
 






 経営科学
4
 
 経営統計学

2

 
 情報代数学
2
 
 
 
 OA論
2
 
 
 システム設計論
2
 
 
 
 ビジネスゲーム演習
2
 
 










 アプリケーション演習
2
 
 情報メディア演習
2
 
 データ分析演習
2
 
 プログラミング論
2
 
 
 
 プログラミング演習I
2
 
 
 
 プログラミング演習II
2
 
 
 
 プログラミング演習Ⅲ
2
 
 
 
 OS論
2
 
 
 
 データベース演習
2
 
 
 システム演習I
2
 
 
 
 システム演習II
2
 
 
 

◎の科目は専門基礎科目で、経営情報システム論、ハードウェア概論、 ソフトウェア概論の
3科目の中で、最低2科目4単位以上の単位取得をしなければなりません。