岩手県立大学宮古短期大学部の入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

 1 建学の理念

「自然」「科学」「人間」が調和した新しい時代の創造を願い、人間性豊かな社会の形成に
寄与する、深い知性と豊かな人間性を備え、高度な専門性を身につけた自律的な人間を
育成する大学を目指す岩手県立大学の短期大学部として、「広い教養と深い専門の学芸
を教授研究し、職業又は実際生活に必要な能力を育成するとともに、地域社会及び国際
社会の発展に寄与すること」を目的とします。

  

2  大学の基本的方向

豊かな教養の修得と人間尊重の精神の涵養

幅広い教養を身につけ、互いの人格を尊重する「豊かな教養の修得と人間尊重の精神を
涵養する大学」とします。

学際的領域を重視した特色ある教育・研究

様々な課題を的確に捉え、幅広く対応する能力を身につける「学際的領域を重視した特色
ある教育・研究を行う大学」とします。

実学・実践重視の教育・研究

応用分野や実社会での実際的教育・研究を重視した「実学・実践重視の教育・研究を行う
大学」とします。

地域社会への貢献

地域社会と密接に連携し、教育・研究の成果を広く還元する「地域社会に貢献する大学」
とします。

国際社会への貢献

国際的な教育・研究の交流拠点として、多様な国際交流を積極的に行うとともに、国際的に
活躍できる人材を育成する「国際社会に貢献する大学」とします。

 

3 求める学生像

 岩手県立大学の建学の理念と基本的方向に共感し、「深い知性と豊かな感性を備え、高度な専門性を身につけた自律的な人間」として育成するのに相応しい学生を求めます。特に本学では経営情報学科として経営・会計学及び情報科学を総合的に教育することにより、@実社会に有用な知識と確かな専門技術を習得できる教育の実践、A職業人としての自信と豊かな教養、情報の取捨選択能力と活用能力を身につけること、B広い視野に立つ国際性や地域のリーダーとしての資質を培い、社会に貢献する有能な人材を育成することを教育目標としています。これに沿って、2年間の短期大学教育課程において、これらの教育目標を達成できる総合的な基礎学力と学習意欲、専門領域への高い関心を有し専門領域への適合性があり、そして大学生活を送る上で必要な社会性を持っている学生の入学を期待しています。

 

4 入学者選抜の基本的考え方

 入学者選抜においては、入学志願者の個性や資質、意欲等種々の潜在能力に配慮し多様な選考方法を採用するとともに、学力検査においては、暗記型の知識を問うのではなく、理解力表現力、思考力、論理性などを見る試験を目指します。
  なお、地域の進学需要への対応と岩手県の明日を担う人材の育成という岩手県立大学の設立の趣旨を踏まえ、岩手県及び岩手県民に貢献するため、推薦入学試験において岩手県内の各高等学校等が推薦できる人員を岩手県外の各高等学校等が推薦できる人員より多く設定しています。

入学者選抜の各試験種別において重視する評価項目等は次のとおりです。

【一般入学試験・一般選抜A】

 大学入試センター試験と小論文、調査書で構成されている試験です。大学入試センター試験では経営情報学科で学ぶにあたっての基礎的学力を、小論文では論理的思考力・表現力・独創性等を、そして調査書では高等学校等での成績や学校生活・活動を、それぞれ評価します。

【一般入学試験・一般選抜B】

 調査書と小論文、そして活動調書・志望理由書とそれに基づく面接で構成されている試験です。調査書では高等学校等での成績やさまざまな活動を、小論文では論理的思考力・表現力・独創性等を評価します。また面接では活動調書と志望理由書をもとに、経営情報学科で学ぶ上で特段に優れた能力・活動や学習意欲を試します。

【推薦入学試験】

 小論文と面接で構成され、各高等学校等から一定の評定平均値を満たして推薦された志願者、または本学が定める取得資格を有し、推薦された志願者を対象に行われる試験です。調査書・推薦書では、高等学校等での成績や学校生活・活動を評価します。面接では目的意識・学習意欲・自己表現力・人柄等を総合的に評価します。小論文では論理的思考・表現力・創造性等を試します。

【社会人入学試験】

 満21歳以上の高等学校等既卒者を対象に、書類審査、面接、小論文で行われる試験です。書類審査と面接では社会人としての経験に基づく目的意識や自己表現能力を評価し、小論文では論理的思考力・表現力・独創性等を試します。

【外国人留学生入学試験】

 日本への外国人留学生を対象に、書類審査、面接、小論文で行われる試験です。書類審査では日本語の能力と学業成績について評価します。面接では、目的意識・学習意欲・自己表現力・人柄等を総合的に、小論文では論理的思考力・表現力・独創性等を試しますが、いずれも本学での学習・生活に必要な最低限度の日本語能力が前提となります。